読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うまいものはうまい

おいしいごはんを食べては記録して噛みしめる、一人ホットペッパーです。

生姜醤油で食べるおでんはヤミツキに。「酒饌亭 灘菊かっぱ亭」の「姫路おでん」

鍋・しゃぶしゃぶ・おでん

f:id:hide_sophia:20141018181130j:plain

旅行や出張で見知らぬ土地に行ったときの醍醐味といえば、その土地のご当地料理を食べること。姫路城で有名な兵庫県姫路市には「姫路おでん」というご当地グルメがある。おでんを生姜醤油で食べるというもので、最初はチョット驚くけれどハマってしまいました。

姫路には「姫路おでん」というご当地グルメがある。おでんを生姜醤油で食べるという少し変わった食べ方のように思えるけれど、姫路にはそういう文化があるみたいです。おでんといえば甘辛いほんのりする味わいが一般的なだけに、姫路おでんを初めて食べたときは「具材の味も全部ショウガやん」って思ってしまいした。

まぁ、そんな感じでけっこうクセのある味なんだけど、なかなかどうして、食べ進めるうちにどんどんハマってきました。辛いもの好きな僕には最適の料理だ。ご飯がすすむ。酒が飲める人には酒も進むだろうね。僕はお酒飲めませんが。

「酒饌亭 灘菊かっぱ亭」の「姫路おでん」

f:id:hide_sophia:20141018181130j:plain

 

姫路おでん(500円)と大根。

 

姫路おでんは生姜醤油で食べます

最初は「如何にも私がおでんくんです。」というイデタチのおでんをオーダー。意外と見ないよね。このフォルム。そして、じゃがいも、ちくわ、はんぺん。じゃがいもなどをどんどん食べる。お酒が飲めないのでチビチビ行けないのでひたすら食べます。

f:id:hide_sophia:20141018182348j:plain

 

ちくわ、牛すじ肉、幸田精肉店のソーセージ

 

f:id:hide_sophia:20141018182353j:plain

 

豆腐。姫路おでんにすると湯豆腐みたい

 

f:id:hide_sophia:20141018183154j:plain

 

じゃがいも、ちくわ、はんぺん。じゃがいもをおでんにいれるんだね

 

f:id:hide_sophia:20141018183039j:plain

 

淡路島の玉ねぎ。

 

f:id:hide_sophia:20141018185718j:plain

 

締めはお茶漬け(鮭)

 

f:id:hide_sophia:20141018185853j:plain

 

鮭の塩辛さがお茶漬けに絶妙にマッチ

 

いろいろ頼んでしまった。
途中で豆腐、淡路島の玉ねぎなども食べる。居酒屋のいいところはメニューが豊富なところだよね。そして、最後は鮭のお茶漬けでフィニッシュ。鮭の塩辛さがお茶漬けに絶妙にマッチ。

 

ごちそうさま。

 

管理人メモ  − 「姫路おでん」−

生姜醤油をたっぷりつけて食べるおでん。元々は、関東煮のダシを切って生姜醤油を上からかけていたのですが、その後、関西風の薄味のおでんの登場とともに、刺身のように小皿に入れた生姜醤油につけて食べるようになりました(姫路おでんのルーツより)

酒饌亭 灘菊かっぱ亭

住所 兵庫県姫路市東駅前町58
営業時間 平日・土 11:00~21:00、日・祝  11:00~20:00
定休日 第三火曜日

姫路おでんと一品料理 酒饌亭 灘菊かっぱ亭 | 日本酒・地酒の通販 灘菊酒造ネットショップ

f:id:hide_sophia:20141018191241j:plain

 

f:id:hide_sophia:20141018191246j:plain

河童